社会保険労務士オフィス・カネコ


☆お問い合わせ☆

TEL045-623-6614

FAX045-624-0865


業務案内
□就業規則の作成・変更

□労働保険・社会保険手続き

□助成金

□人事・労務に関する相談・提案

□給与計算業務代行

□公的年金の裁定請求・相談



〜当事務所モットー〜

 謙虚さ・感謝・良い仕事をする!



社会保険情報
 ⇒社会保険って何?

 ⇒労働保険とは

 ⇒社会保険とは

 ⇒労働保険料は?

 ⇒社会保険料は?

 ⇒どんな給付があるの?


□個人情報の取扱い


リンク集
   プロ集団の保険代理店
 General Insurance Agency

  歯科医師の求人・募集は
   株式会社パンメディックス


人事・労務の悩みを解決するため、経営者の皆様と共に考
えて最適な答えを提案します。

                              
           
          社会保険労務士 金子研一


☆ こんな時はまずご相談下さい!軽いフットワークで、神奈川県内
  どこへでも、お伺いいたします。
  
   労働保険社会保険の手続きが大変
   就業規則を作成又は見直したい
   助成金を活用したい
   社員とのトラブルを起こさないようにしたい
   労働基準監督署から是正勧告がきたが対応がわからない
   社長・役員も労災保険に加入したい
   残業代の計算が大変
   リストラを行わなければならないのだが
   社員教育をしたい 


 お任せください!小さな仕事でもやります。お気軽にご相談ください。



☆ 職場のメンタルヘルスにおける労務管理
  多くの企業が、うつ病などのメンタルヘルス疾患の労働者について、どう対応すべきか悩んでいます。まずは、長時間労働などの会社の業務の与え方に問題がないかを確認し、問題があれば改善することが最優先です。一方で、企業は厳しい競争に勝ち残らなければなりません。労働者のメンタルヘルス疾患には、休職制度を中心として合理的な対応に努める必要があります。



☆ 就業規則の作成義務
  就業規則は、常時10名以上の労働者を使用している事業所に作成義務があります。「常時10名以上の労働者」には、パートタイマーやアルバイトなど、非正規雇用の社員も入ります。もっとも、トラブルが起きた場合には就業規則が会社のよりどこになることが多いので、10名に満たない場合でも就業規則は作成しておいたほうがよいでしょう。





«Information»
 高年齢者を雇用する事業所の割合が増加

 神奈川県最低賃金 時間額930円 平成28年10月1日改正